福岡・東京・神奈川 フィットネス・キックボクシング リアルディール

ニュース

2005-04-18

プロならオーナーも監督も選手も結果をださなければいけない!

ボクシング、ゴルフ、野球、サッカー、そして格闘技も含めて最近はスポーツも有力なコンテンツとしてメディアに登場する機会が増えてきています!

アマチュアなら自分が一生懸命がんばってその経験を自分の財産にすればいいんですがプロは違います、多くの社会と密接に関わって運営されてそこから収入を得ているわけですから結果を出せないと責任をとらなければいけません!これは選手も監督もチームを所有しているオーナーも同じことです、

オーナー(運営会社)はファンに喜ばれる仕掛けを作れずファンに見放され、スポンサー、メディアから相手にされなくなれば自然の原理として売り上げが落ち込み、経営できずにチームを手放さなければいけなくなります。

これは選手、監督も同じ事です、逆にいえば結果をしっかりだせばそのやり方は正しいといえます、結果がすべてのプロの厳しいところです!結果をだす過程においては状況によってモラルやルールがありますが結果をだすためには勝つことをすべてにおいて優先しなければいけません!

楽天イーグルスにはその点で凄く興味があります、オーナー社長の三木谷氏、田尾監督、そして選手、球団関係者、さまざまなスタッフ、これをまとめて経営もチーム力も上げる事は簡単なことではありません、チームとして完成形になっているソフトバンクホークスとはすべての問題が違います、楽天はこれからどう動くのか、格闘技と経営を両立していこうと考えているリアルにとっても参考になりそうです。

結果をだす・・・・・そういう意味では4・29、龍二の試合も今後の格闘部門のリアルにとっては凄く大事な試合です、問題は選手がこれをどこまで感じているのか・・・・・・です!  会社がチャンスをつかまえ、チームが選手をバックアップして、選手が結果をだす! 

楽天の選手も、リアルのファイターもがんばれ!これからが大事な勝負だぁ〜!


楽天イーグルス関連
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20050418&a=20050418-00000024-nks-spo

シュートボクシング(龍二参戦)
http://www.shootboxing.org/

2005年04月18日 21:25
SiteIndex