福岡・東京・神奈川 フィットネス・キックボクシング リアルディール

ニュース

2010-11-06

畔田代表がQ&Aにお答えします!

皆さん、こんにちは!

さっそく、皆さんからのご質問にお答えしていきます!

Q1
スタッフのスケジュールを載せてほしい。


今、ホームページを使って出来ることをいろいろ考えています。まずはUstreamでイベントやクラスを流そうと思っています。
ここでは、クラスの担当者や内容をホームページで紹介していこうと思います。その時に、スタッフスケジールも載せれるようにしようと思います。このサービスはもう少し時間を下さい。
ホームーページでこんなことをしてほしいということがあればどんどん教えてくださいね!


Q2
大森会員です。 いつも練習させてもらってます。 環境もすごくいいですし、内容の濃い練習に満足しています。 しかし、だからこそ言わせていただきたいことがあります。 先日、インストラクターの宮田さんが試合をしました。 結果はともかく目にかなりダメージを負っており、 その状態で業務をこなしていました。 ミットも積極的に持ってましたが、 全然見えていないといってました。 距離感もつかめず、かなり苦労してる姿をみて非常に つらかったです。 試合で負傷した選手は最低三日間は休めるよう環境にしたら いかがでしょうか? 彼はこれがあたりまえといってましたが・・・。 いくらなんでもミットをまともに持てないくらいダメージを 負ってる人にむかって全力で打つなどできません。 一会員がいうのも非常に生意気で非常識なことでしょうが、 ご検討のほど、よろしくお願い致します。


ご連絡ありがとうございます。これは大事なことなのでスタッフ兼選手の試合後の状態はより細かく見ていくようにしていきます。
またお気づきの点があれば何でも教えてください。これからもよりよい環境を作っていけるように頑張っていきます!


Q3
こんにちわ。毎回ホームページを見させていただいています。 こちらでも再三上がっていますが、「マススパー」についてです。自分も何度もマスをやっていまして、やはり「この人は当ててくるな〜」とか「結構スピード付けてうってくるなぁ〜」とかまぁいろいろありますが、さすがに今回の相手はちょっとひどかったです。

完全に当てる距離で打ってくる人でした。むしろ当てない距離のパンチは無し(笑)おかげで口の中も切ってしまいましたし、頭も揺れます。ガードが甘いことに気づかせてはもらいましたが、これが対人不慣れな人ならしょうがないし、下手な俺でもいなせるんですが、相手の方は会員番号も3ケタのライセンス持ちの方だったので、これだと・・・です。 所詮殴り合いのスポーツなので女々しい事かとも思いましたがやはりルールがある以上守ってもらいたいものですね。経験積んでる人にはみなの目標になるよう、特にクリーンにやってもらいたいものです。

さすがに最近はインストラクターの方々もよくマスを見ていて、よく声もかけてらっしゃいますが、こういうときに限って、インストラクターの方も1人でミット打ちだの、目が回らない状況だったりします。 なかなか難しいですね。


ご連絡ありがとうございます。これはなかなか解決しない問題ですね・・・・・・・これは、対人やる2人、そしてチェックしているインストラクターの感覚、いろんなことが複合されてます。
ある程度やる人に、すぐ止めると消化不良になるし、慣れてない方に少しでも当たるといけないことだし、

本当に試合経験がある人、余裕がある人は、レベルや経験が浅い人と対人をする時はしっかりコントロールできるけど、慣れてきたけど、まだ自分をコントロールできないレベルの人・・・・これが一番よくないです。

しかし、会員さんは悪意はないと思うので、やはりインストラクターのチェックをもっと厳しくしないといけないですね。

一番多いのが、マスと言いながら、お互いが結構強くなってくる人達、これがなぜかお互いがかみあって気持ちよく終わって満足のパターン。。。

インストラクターもマス、ライト、スパーの大枠を分けた後、「この人はこれくらいやりたいんだろうな」というのがあるので、会員の方も、絶対当てて欲しくない、ここは痛めているのでなしでやりたいとか、できれば事前にインストラクターに一言伝えてもらえると、ありがたいです。

本当になかなか難しいです・・・・・・

対人についてのご意見、何か感じることがあれば、なんでもご連絡お願いします!


Q4
こんにちは。博多ジムの会員の者です。 7月の試合のあとアマチュアの試合に出場された選手と話す機会があったのですが、アマチュア選手の4名の方がおっしゃってたのですが、首相撲の対応の仕方が分からないそうです。 首相撲を覚えると試合が首相撲ばかりになって面白くなくなるかもしれませんが、4名の博多ジムのアマチュア選手は対応できずに試合中困ったそうです。 僕は背が小さいので距離をつめてパンチを打つスタイルなのですが、首相撲をされたらやはり対応が難しいです。 クラストレーニングなどで首相撲を教えることはできないのでしょうか?


できます。しかし、トレーニングとしてのキックボクシングも考えているリアルディールジムでは普通のトレーニングの流れ(マスターシートで習う内容)に入れることはできないので、個別に、または選手クラスの中に入れていきたいと思っています。
11月の試合前までに細かい仕組みができるかわからないので、試合出場する人で、首相撲が苦手な人は、黒ポロのインストラクターに聞いて下さい。
首相撲の基本の対応は、

・頭を下げない(下を向かない) ブリッジなどで首を鍛えること必要
・腰を引かない(相手と自分の体の間にすき間があると、そこから膝蹴りがくる)
  これは、自分が蹴るときはすき間を作って蹴る、守るときはすき間をなくすことです

攻めるための首相撲はいろいろ覚えることがたくさんありますが、守るための首相撲は、相手を常に見ながら、頭を下げず、腰を引かなければ問題ありません(相手にしっかり密着するともいえます)

文章ではここまでしか説明できないので、ぜひインストラクターに聞いて下さい!


皆さんからの質問、お待ちしてます。質問はこちらからお願いします!
http://www.realdeal.jp/inquiry/inquiry_top.html






















2010年11月06日 10:34
SiteIndex