福岡・東京・神奈川 フィットネス・キックボクシング リアルディール

ニュース

2010-11-21

畔田代表がQ&Aにお答えします!

今回も皆さんからの質問にお答えさせて頂きます!

Q1
こんにちは。博多ジムの会員の者です。 7月の試合のあとアマチュアの試合に出場された選手と話す機会があったのですが、アマチュア選手の4名の方がおっしゃってたのですが、首相撲の対応の仕方が分からないそうです。 首相撲を覚えると試合が首相撲ばかりになって面白くなくなるかもしれませんが、4名の博多ジムのアマチュア選手は対応できずに試合中困ったそうです。 僕は背が小さいので距離をつめてパンチを打つスタイルなのですが、首相撲をされたらやはり対応が難しいです。 クラストレーニングなどで首相撲を教えることはできないのでしょうか?


首相撲は、その人の身長や体重、また相手の体格によって対応が変わってくるので、クラスでやるのは難しいです(やり方がわかっている方が、みんなでやることはできますが)

これはぜひプロ試合経験があるインストラクターに聞いてほしいと思います。

文章で言えることは、

1、首をさげない(さげないために首をブリッジなどで鍛えておく)

2、先に相手の首に手を回す(相手から先に両腕で、首を取られると、不利な体勢になる)

3、自分と相手の体のすき間をなくす(蹴られないようにするため)

このことはしっかり頭に入れて練習してみてください。


Q2
こんにちは!僕は最近スパーリングを始めて相手と対峙したときどこをみたらガードがしやすいかまったく分からず、攻撃をクリーンヒットされてしまいます。指導者にはからだ全体を見ろといわれました!どの辺をみながら体全体をみるのがいいですか? 


これは個人差がありますが、僕は相手の胸を中心に全体を見ます。

トレーニング方法としては、インストラクターに立ってもらい、胸を中心に全体を見ます。

そこから相手にパンチを打ってもらい、ブロックします。この時、相手のパンチだけを見てはいけません。あくまで、胸を中心に全体を見てパンチをブロックします。

次にキックを蹴ってもらいます。この時も同じで、全体を見ながら、ブロックします。

最後に、相手にパンチとキックでゆっくり攻撃してもらい、全体を見ながら体を反応させていきます。

慣れてきたら、相手に攻撃を早くしていってもらいます。

攻撃が早くなったり、一発もらったりすると、あせって、相手の一部だけしか見なくなるので、常に全体を見る意識をつけていってみてください。


Q3
キックをやってみようかなと思っているのですが、質問があります。ローキックやミドルキックのカットって膝を上げる方法が一般的だと思うのですが…蹴った方の足が痛すぎませんか?それはやっぱり我慢しかないのでしょうか…あとは慣れ?骨と骨が蹴りの勢いでぶつかったら折れちゃいそうな気がするのですが…どうなのでしょうか?正直それが怖くて蹴れないような感じがしてしまいます。


言われる通り、骨と骨が当たると痛いですよね(笑)これは初めは誰でもその通りなのですが、自分が目指すところによって慣れてきます。

プロで試合をするつもりなら、2〜3試合後には慣れてきます。もし慣れなくても我慢できます。

アマチュアならプロテクターがあれば大丈夫になります。

しかし、もしあなたがトレーニングだけなら、たぶん、ずっと痛いし、慣れないと思います。僕自身も、今は試合をしないので、骨と骨が当たったらもの凄く痛いです。でも相手が試合前の選手ならこっちも集中しないと相手のためにならないので、気合を入れます。そうすると不思議ですが痛みは感じなくなります。

軽い痛みなら、気持ちしだいです。しかしひどい痛みに耐えるためには、慣れと我慢が必要ですね。

ジムでのスパーリングやアマチュアの試合はプロテクターをはめるので、骨が折れることはないですよ!


Q4
初歩的な質問ですが、ジムでの練習にも慣れてきたので筋トレも入れるようにしていますが、筋トレは毎日やった方がいいのか、筋肉痛になれば休んだ方がいいのか、どちらとも聞いたりするのでイマイチわかりません。実際のところどうなんでしょうか?


どの強度でやるかによりますね。

しっかりウエイトトレーニングをやる時は、1日はあけたほうがいいです。筋肉はウエイトトレーニングなどの強い負荷によって、一度壊され、修復するときに発達します。その修復のためにも48時間は必要といわれています。

しかし、軽いウエイトトレーニングや腕立てや腹筋なら毎日やっても構わないと思います。

ウエイトトレーニングや食生活は目的によって、人それぞれなので、本屋さんで自分の目的に合う本をチェックするといいですね。ネットでもいろいろ出てくると思いますよ!


Q5
技術的な質問というより、かなり初心者の質問で申し訳ありませんが教えてください。私は、対人ではマスをやった事がある。という程度のレベルですが、シャドー・サンドバック・ミットの各々で、同じ、パンチ・キックを打ってるつもりが、どうも、イメージが異なっている様なのです。

シャドー・サンドバックの時等は、スタッフの方からも、「だいぶ良くなりましたね。」等と言われて、喜んでいると、ミットになったとたんに、ジャブでは一度腕が下がってパンチが出る。ストレートでは体が前にでる。キックでは頭が動く、体が反る。全体的に、腰・肩の回転が少ない。等の注意があります。同じイメージでやっているつもりなのですが、なかなか改善できません。どこに意識をしてトレーニングすれば宜しいですか。ご指導お願いします。


見方によって答えも変わってきますが、ミットのときは相手がいるので、意識がうまくできてないのではないでしょうか?

シャドーやサンドバックは自分のペースで出来るので、意識を保ったまま、早く強く、出来ていると思いますが、ミットはインストラクターが、かけ声をかけたら、すぐにパンチやキックを出していると思います。

そこでは、出来ないところを意識するよりも、「一生懸命」「強く」「速く」ということが出てると思います。

ミットの時も、インストラクターに「まだミットではうまく出来ていないとこがあるので、意識してゆっくりやります、出来たらスピードを上げたいので、チェックしてください」とか「今は○○がうまく出来ないので、それを中心に指導してください」などを伝えて、自分もインストラクターもそれに集中できるようにしてミットをやればいいと思います。

今、改善したいことを一つずつやっていくことが大事ですね。頑張ってください!


では、今回はこれで終了します!皆さんからのご質問お待ちしてます。まだお答え出来ていない分があります。早めにお答えしていきます!













































2010年11月21日 12:40
SiteIndex