福岡・東京・神奈川 フィットネス・キックボクシング リアルディール

ニュース

2013-01-21

攻防トレーニングと実戦トレーニングについて

リアルディールジムでは、これから、より細かく安全管理をしっかりさせていこうと思っています。

特に対人トレーニングは強度やプロテクターを細かく管理していきます。

リアルディールジムでは会員の方に絶対に怪我をしてほしくないので対人トレーニングはこれから呼び名を次のように変えてしっかり管理していきます。
怪我があってからでは遅いのでご理解、ご協力よろしくお願いします。


1、ディフェンスとマススパーリングは「攻防トレーニング」と呼ぶようにします。
これはヘッドギアなしで顔面寸止め、首から下は相手にダメージがないように軽く当てるようにします。
顔面は寸止めで行いますのでヘッドギアは着用しません。


2、スパーリングとライトスパーリングは「実戦トレーニング」と呼ぶようにします。
スピードはスパーリングもライトスパーリングも相手に当てるために速いスピードで行います。
強度はライトスパーリングはスパーリングに比べて大きなダメージが残らないようにコントロールします。
(どちらも当てるトレーニングなので気を抜くと大きな怪我になりますので集中して行います)
必ずヘッドギアを着用して行います。


これから運動としてダメージが無いように行う攻防トレーニング(ディフェンスとマススパーリング)と選手や選手希望の方が行う実戦トレーニング(スパーリングとライトスパーリング)を明確に分けていきます。


上級者の方には攻防トレーニングの相手をお願いすることもありますのでご協力をお願いします!

実戦トレーニングは相手がいない時はできないこともあります。

実戦トレーニングをする方は必ずスポーツ保険に加入するようにお願いします。

会員の方が怪我なく目的に合わせてしっかりトレーニングができるようにご理解、ご協力よろしくお願いします!

ご不明な点はスタッフにお尋ねください。

2013年01月21日 16:57
SiteIndex