福岡・東京・神奈川 フィットネス・キックボクシング リアルディール

リアルディール・スタイル(畔田聡の勝負・試合で勝つためのコラム)

20 脂肪燃焼に効果的な運動の順番について

今回は有酸素運動と筋トレを行う順番についてご紹介します。

普段、健康のためにランニングやジョギング等の「有酸素運動」や「筋トレ」をされている方も多いと思いますが、脂肪燃焼を目的とする場合は「筋トレ」→「有酸素運動」の順番で行うことをオススメします。

筋トレの主なエネルギー源は「糖質」、有酸素運動の主なエネルギー源は「脂質」となります。筋トレをして体内の糖質が無くなった後、継続してエネルギーが必要な場合は「脂肪」を使うことになります。

よって、筋トレを先に行う事で体内の糖質が減り、その後に有酸素運動を行うことで、早い段階で脂肪を使いますので、脂肪燃焼効果が期待できます。

さらに、筋トレを行うことで、成長ホルモンやアドレナリンが放出されます。成長ホルモンは筋肉の成長を促し、脂肪の分解を促進する働きがあります。

また、「糖質」が使われた後に「脂質」が使われるので、有酸素運動を行う場合は20分以内で終わると目的である「脂質」があまり使われないため、20分以上行うことをオススメします。
筋トレ+有酸素運動で、理想の体を手に入れましょう!


「有酸素運動」→「筋トレ」の順番は脂肪燃焼効果がないというわけではありませんが、効率よくダイエットを行うには「筋トレ」→「有酸素運動」の順番がオススメです。

日頃のトレーニングの効率を上げるために、是非試してみてください!

SiteIndex