福岡・東京・神奈川 フィットネス・キックボクシング リアルディール

リアルディール・スタイル(畔田聡の勝負・試合で勝つためのコラム)

21 入浴について

今回は入浴についてご紹介いたします。
まずは入浴の効果です。


「疲労回復」

入浴することで、体温が上昇して血行が良くなり発汗作用が
促進されて体にたまった疲労物質の排泄が活発になります。
また、全身が水圧によるマッサージを受けている状態になりますのでむくみの改善効果も期待できます。



「ダイエット効果」

血行促進効果により基礎代謝が高くなることで、
痩せやすい体質を作ることができ、運動をした時にも消費エネルギー量が高くなるので、脂肪燃焼率が上がり、ダイエットにもつながります。



「リラックス効果」

入浴中は体が浮力を受けることで肩や腰の筋肉がほぐれ、緊張から開放されます。
さらに体が温まるのでリラックス効果があり、ストレス発散にも効果的です。

他にもリンパ球の増加による「免疫力の向上」、

体温の温度調節がスムーズになり、「睡眠の質の向上」といった様々な効果が期待できます。


次に温度です。
入浴する際の設定温度は体温に近いといわれる「38℃〜40℃」の温度がベストといわれています。

温度が高すぎると体への負担がかかりますので注意しましょう。

入浴時間は適度な時間としては「約10〜20分」とされています。
長時間の入浴は肌の保湿成分がなくなり乾燥肌の原因となりますので気をつけていきましょう。

また、食後にすぐに入浴すると、消化不良の原因となりますので
約30分〜1時間の間隔をあけて入浴するようにしましょう。
急激な体温変化も体に負担をかけてしまいますので、
冬場は脱衣所の温度を上げておく等して工夫していきましょう。
入浴する際にぜひ参考にしてみてください!


トレーニング後は正しい方法で入浴をして体のケアを行いながら
健康的な体内環境を作っていきましょう。

SiteIndex